各部門紹介

製造部門

研究開発部門

品質管理部門

事務部門


製造部門

外用剤の製造(軟膏剤、クリーム剤、ゲル剤、液剤)

軟膏剤、クリーム剤、ゲル剤及び液剤の製造は、主薬、基剤及び添加物を真空乳化装置で調製して原薬を製造します。その原薬をチューブ充填機等に移送して充填し、定められた資材で包装を行い製品とします。




製造技術

製造技術グループは、生産計画に基づき安全な製品を製造する弊社の"要"ともいえる部門です。 製造は原料を秤量し、混合して均一にする第一工程です。また、確かな品質と経済性を 両立した製造体制を構築し、製品の安定供給を支えています。そして、自然環境への取り組み から排水処理の徹底した管理を行っています。さらに、工場棟を増設し、副腎皮質ホルモン剤等の 高生理活性物質の製造施設の専用化及び封じ込め対策も含めた最新の設備を整えており、 医薬品の製造管理・品質管理規則であるGMPに則って、高い技術力と独自のノウハウで 高品質な製品を製造しています。




充填・包装

充填・包装グループは、製造した原薬を最新の充填機械、包装機械にて容器・チューブに 充填し、表示、包装する工程です。充填から包装まで、厳しいチェック基準を設け、高品質な 製品を効率かつ安定的に生産する一貫体制を構築しています。具体的には、充填品において 重量の過量品及び軽量品や容器・チューブ不良などの不良品が製品に混入しないように全数 検査を実施し、確実に排除しています。さらに、社内の各部門と連携を重ねながら、不良品を 出さないための組織体制を取っています。

充填

包装




生産技術

生産技術グループは、主に製造および充填・包装グループと連携し、医薬品に求められる 高品質な製品が効率的、安定的かつ安全に生産できるように、日々製造ラインや設備 機器の管理及びメンテナンス、設計、設置、既設ラインの改良などを通して生産をサポート しています。また、さらなるコストダウンや作業のより効率的な生産体制の実現へ向けて、 新たな設備の計画を立案し、導入を行っています。